PCI固定

NeighborでPCIは特定できているが、近隣のマクロ局が強すぎてどうやっても拾えない基地局のMLS回収に利用します。

MediaTek端末法

準備

バンド固定

バンド固定されていない場合は先にBand3に固定します。
Engineer Modeを起動し、MTK Settings → BandMode メニューを選択します。
SIM1 / SIM2 の選択画面が表示される場合は目的のSIMを選択します。
余計なスキャンを減らすため、GSMやUMTS Modeはチェックを1つ残し、他のすべてチェックを外します。(1つ残さないとエラーになるため、国内未使用バンドを残す)
LTE Mode は「Band 3」を残してすべてチェックを外します。
最後に下部の「SET」ボタンを押して、「set ~ BandMode succeed」が数回表示されれば完了です。Failが出た場合はチェックが足りていません。

設定方法

Network Cell Info Lite & Wifi アプリなどで掴みたいセクタのPCIと帯域幅(20/5MHz)を把握しておきます。
Engineer Modeを起動し、MTK Settings → Channel Lock メニューを選択します。
SIM1 / SIM2 の選択画面が表示される場合は目的のSIMを選択します。
以下のように設定値を選択・入力します。

選択・入力し終わったら「Apply Channel Lock settings」ボタンをタップします。
「set Channel Lock success」と表示されれば切り替え準備は完了です。
この状態ではまだ切り替わっていません。
最後に「PLMN Search」ボタンをタップします。
「send AT+COPS=0 success」と表示されれば無事に指定したPCIを持つセクタを掴んでいることでしょう。
ただし、掴んでいるセクタのTAは表示されなくなります。

解除方法

Engineer Modeを起動し、MTK Settings → Channel Lock メニューを選択します。
Lock:Disable に変更します。それ以外の項目はそのままで構いません。
「RF Reset」「Soft Reset」「Reset」いずれかのボタンをタップします。
どれを選んでも結果的にはあまり変わりないようです。
一時的にネットワーク切断後、数秒後自動的に復帰して本来の基地局を掴み、TA表示も復活します。

Cellular-Pro法

準備

アプリと課金

動作確認

注意事項

切り替え中に一時的に異常値を記録してしまう可能性があるため、
切り替え作業中は CellMapper / Tower Collector の記録を必ず一時停止しておいてください。


添付ファイル: filemagisk-module-Pixel3-mcfg_sw-VoLTE_for_Rakuten(ROW).zip 26件 [詳細] filemagisk-module-pixeldiag.zip 49件 [詳細]

トップ   編集 差分 更新履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-03-19 (火) 22:11:18